VIO 自己処理 方法

MENU

VIOの自己処理は何が適切?ムダ毛処理アイテムを徹底比較!

皆さんは、VIOのムダ毛処理をするとき何を使用していますか?
ワキ・手足と同じように毛抜きやカミソリを使ったり、除毛クリーム・脱毛ワックスを使ったりする人が多いのではないでしょうか。
VIOラインは処理してもすぐに毛が生えてきてチクチクするのでついつい手軽で楽に処理できるものばかりを選んでしまいがちですが、VIOラインの自己処理はデリケート部分を傷つける危険があるため慎重に適切な処理を行う必要があります。

 

自己処理で最も使用されているカミソリは毛だけでなく肌の角質も削ぎ落としてしまうため、肌の保護機能が失われて毛穴に菌が入り炎症を起こします。(いわゆるカミソリ負け)
また、Iラインをカミソリで剃ると粘膜まで傷つける危険があるため絶対にやめましょう。

 

カミソリで剃った後に毛抜きで抜くという人もいますが、毛抜きは最も毛根へのダメージが大きく炎症を起こしたり埋没毛になる可能性があります。
同じく”毛を抜く”方法の脱毛ワックスも、痛みを伴うだけでなく毛穴に菌が入り込み炎症を起こしやすくなるため控えたほうが良いでしょう。
一見安全そうに見える除毛クリームも、実は毛と一緒に肌も溶かしていてお肌に負担がかかっています。
VIOラインに使用する場合、クリームが粘膜部分に付く恐れもあるためおすすめできません。

 

では一体何で処理するのがいいのか?
VIOの自己処理で適切なのは顔用電気シェーバーです。
電気シェーバーは、刃が直接肌に当たらないのでお肌への負担が最小限で、肌の角質を削ぎ落とすこともないため炎症が起こりません。
また、”顔用”という点も大切で、皮膚が薄く敏感な顔用に作られた電気シェーバーはお肌が傷つかないようにできているため、デリケートなVIOラインの処理にも適しています。
コンパクトで凹凸の多い肌でも剃りやすい設計になっているので、VIOラインを初めて処理するという人でも簡単に処理できます。

 

上で挙げたムダ毛処理アイテムを比較してみると…

電気シェーバー 毛抜き カミソリ 脱毛ワックス 除毛クリーム
手軽さ 手軽 手軽 手軽 塗る・剥がす
作業が面倒
塗る・拭き取る
作業が面倒
料金 1000円〜 100円〜 300円〜 5000円〜 1000円〜
痛み
無痛
ヒリヒリしない

毛を抜くときに
痛みを感じる

剃り方によっては
ヒリヒリ感が残る

剥がすときに
痛みを感じる

使用した後
ヒリヒリ感が残る
安全度
肌への負担がなく
安全な処理

毛穴に菌が入り
炎症を起こす

カミソリ負け
粘膜を傷める

毛穴に菌が入り
炎症を起こす

粘膜にクリーム
付着の危険性あり

※比較表はスライドできます。(スマホの場合)

 

最もメリットが多く安全なのは電気シェーバーという結果になります。
毛抜きやカミソリは手軽な反面お肌に負担がかかっているので、VIOライン以外の自己処理も電気シェーバーを使う方がお肌を傷めないのでGOOD♪

VIOラインの具体的な処理方法を紹介!デリケートゾーンはゆっくり丁寧に

適切な自己処理アイテムがわかったところで、具体的な処理方法を説明していきます。

用意するもの
  • 顔用電気シェーバー
  • スタンド付きの鏡
    (角度がつけられるものだと尚良し)
  • 全身がうつる鏡
    (Vラインのバランスをチェックするため)
  • はさみ
    (できれば眉バサミのような先が丸く、細かい部分も切れるものが良い)

お風呂場でムダ毛処理をする人が多いですが、これはかなり危険です。
お風呂場は雑菌が多くムダ毛処理で開いた毛穴に菌が入りやすいため、なるべくお風呂場以外で処理しましょう。
部屋にビニールシートや新聞紙を敷いておけば後片付けも楽で便利です。

 

Vラインの処理方法

Vラインの形をある程度決めてから、剃る予定の部分の毛をはさみで短くしておきましょう。
長い毛のまま剃ってしまうと電気シェーバーが毛に引っ掛かってうまく剃れません。
ある程度毛が短くなったら全身鏡で左右のバランスを確認します。
納得のいく形になったら、剃る部分の肌を少し引っ張りながら電気シェーバーで丁寧に剃るのがコツです。
Iラインに近い部分は、スタンド付き鏡を前に置いて確認しながら剃ると失敗しません。


Iラインの処理方法

Vライン同様、毛を短くカットしてから剃り始めます。
左右に足を開いて座って、自分で見える範囲は皮膚を伸ばしながらゆっくり処理していきます。
処理しているところが見えるように、前に鏡を立てておくと剃りやすいです。
座ったまま剃れるところまで剃れたら、鏡を床に置いてその上に跨って剃ります。
座って剃れなかった部分も同様に処理していきましょう。
この時、電気シェーバーを肌に押し付けたり素早く処理してしまうと、デリケート部分を傷つける可能性があるため軽めにゆっくり剃るといいでしょう。


Oラインの処理方法

Iライン同様、鏡を床に置いてその上に跨って剃ります。
お尻の曲線に沿って外側から内側へゆっくり剃ると、お肌を傷つけずうまく剃ることができます。
Oラインは確認しづらく中心部分を傷つける可能性もあるため無理のない範囲で行いましょう。


VIOラインはムダ毛の自己処理の中でも難易度が高く、処理に慣れている人でも剃るのが難しい部分です。
Vラインの形を整えようとしても思い通りにならなかったり不自然に目立ったり、処理する前より恥ずかしいVラインになる可能性もあります。
不器用だからうまく処理できるか不安、自分にはできないと思う人もいると思います。

 

そんなVIOのムダ毛処理に自信がない人は、脱毛サロンで施術をしてもらうと良いでしょう。
脱毛サロンのVIO脱毛は、知識豊富なプロのスタッフが丁寧にVラインの形を整えてくれるので失敗のリスクがなく安心です。
また、処理しづらいOラインを剃ってくれる脱毛サロンもあるので、デリケート部分を傷つけずにVIOラインを綺麗にできます。
脱毛が終了する頃には面倒な自己処理から解放されて常に清潔なVIOラインを保てるので、VIOラインのムダ毛でお悩みの人は脱毛サロンのVIO脱毛を試してみてはいかがでしょうか。
>> お肌に優しいVIO脱毛 <<
>> おすすめサロンランキング <<

自己処理が原因でデリケートゾーンが黒ずむってホント?

VIOラインの自己処理を繰り返すと黒ずみが悪化するのは本当です。
黒ずみはメラニン色素という細胞の活動が原因で起こる現象なのですが、特にIラインの細胞活動が活発で、下着や衣服が擦れただけでも細胞が肌を守ろうとしてメラニン色素がお肌の表面に出てきます。

 

この「肌に刺激が伝わる→メラニン色素が出てくる」という細胞活動を繰り返してお肌は黒ずんでいくのですが、自己処理は下着が擦れる以上のダメージをお肌に与えているため黒ずみも悪化しやすくなるというわけです。
お肌へのダメージを極力抑えた方法でVIO脱毛をするべきですね。