VIO脱毛 範囲

MENU

VIOラインの範囲はどこまで?分かりにくいIやOも調査

VIOの範囲を説明VIOラインって一体どの範囲のことなんだろう?Vライン上?サイド?VIOラインの中にも色々種類があるみたいでややこしい!

 

VIOの範囲をしっかりと理解しておかないと、どのサロンのどのコースを選べばいいのか?が全くわかりません。
まずは、VIO各部位の範囲を順番に見ていきましょう。

まずは定番の「Vライン(サイド)」

Vラインとはビキニラインのことで、正面から見たときにビキニや下着で覆われない部分のことを言います。
サロンによっては『Vラインサイド』と呼ばれていることもありますね。
VラインVライン脱毛をしておくと、デザイン重視の小さめビキニや下着を付けたとき「毛がはみ出てこないかな?」と気にしなくていいようになります。

Vライン(サイド)を脱毛するメリットは?
  • 下着や水着から毛がはみ出なくなる
  • 毛を気にせずローライズの下着や水着を着用できる

 

Vライン(サイド)脱毛におすすめのサロン
サロン名 料金 回数
ミュゼ 580円 何度でも
通える
ジェイエステ 2,500円 1回
脱毛ラボ 3,980円 1回

意外と見落としがちな「Vライン上部」

Vライン上・Vライン上部はショーツの上部分を指します。
股下が浅い水着や面積が小さい下着を好んでつける人はお手入れしておきたい部分ですね。
Vライン上部へそ下と一緒じゃないの?と思われがちな部位ではありますが、へそ下はへそ下でカウントするサロンもあるので要注意!

Vライン(上部)を脱毛するメリット
  • セパレートの水着を着こなせる!
  • ショーツからムダ毛がはみ出ない

 

Vライン上部のお手入れならこのサロン
サロン名 料金 回数
脱毛ラボ 1,980円 1回
エピレ 6,000円 2回

対応サロンが少ない「トライアングル」

トライアングルゾーンとは、Vラインサイド・上以外のムダ毛が生えている部分のことです。
サロンによっては、上下に分けてカウントしていることもあります。
トライアングル普段は下着に隠れているため、サロンに通うのではなく自分で毛の量を調整している人が多いですね。

 

ただ、慣れていない人が自己処理をすると、「肌を傷つける」「毛穴からばい菌が入る」などのトラブルが起こりやすいので、キレイに仕上げたい人は脱毛サロンでのお手入れが◎

トライアングルを脱毛するメリットは?
  • アンダーヘアの量と形を調整できる
  • 夏場でも蒸れにくい

 

トライアングルゾーンおすすめ脱毛サロン
サロン名 料金 回数
ジェイエステ 2,500円 1回
ミュゼ 7,500円 2回
エピレ 6,000円 1回

自己処理の難易度が高い「Iライン」

Iラインは“足の付け根”や“女性器周辺”の部分のことです。
(サロンによっては足の付け根は対象外になることもあるので注意!)
Iラインほとんどの脱毛サロンでは粘膜部分を避け、その周りを脱毛していきます。
おりものや生理によるムレを軽減し、清潔に保つ効果があるので、かゆみ・ニオイの予防になります。

Iラインを脱毛するメリットは?
  • キワドイ水着や下着でも余裕
  • 生理時のムレ・におい軽減
  • カレシに喜ばれる事もある

 

Iライン脱毛におすすめのサロン
サロン名 料金 回数
ジェイエステ 2,500円 1回
ミュゼ 7,500円 2回
脱毛ラボ 3,980円 1回
エピレ 6,000円 1回

意外と見られている!?「Oライン」

Oラインとは肛門周辺のことです。
肛門を囲むように生えている毛が対象であり、おしりに生えている毛は「ヒップ」と別部位扱いになるので注意しましょう。
Oライン肛門付近を触られるため、恥ずかしいかもしれませんが清潔にしておけば問題はありません。
衛生面の関係上、施術してくれないサロンもあるので絶対に脱毛したい!という人は事前に確認しておきましょう。

Oラインを脱毛するメリットは?
  • 自信をもってTバックを履ける
  • 排便時に汚れない
  • パートナーに見られても平気

 

Oライン脱毛におすすめのサロン
サロン名 料金 回数
ミュゼ 7,500円 2回
脱毛ラボ 3,980円 1回
エピレ 6,000円 1回

VIOのセットコースがお財布的にも◎

コスパ重視VIOラインを大きく分けるとこのような範囲になっています。

 

Vライン、Iラインだけを選んで施術する!という方法もありますが、Vラインのムダ毛だけがなくなると今まで気にならなったIラインの毛が目立つようになり、どうしても不自然になってしまいます。

 

そのため追加でIラインも契約する羽目になり、結果的に高くなった!という口コミも多かったり…。

 

VIOがセットになったお得なコースもあるので、まとめてお手入れした方がコスパが良いですね。

VIOの範囲はサロンによって違う!各サロンの脱毛範囲をまとめました

VIOラインの説明をしましたが、実は脱毛サロンによって部位の名称や範囲が異なっています。

 

範囲の広いサロンはどこなのか?
各サロンの脱毛範囲と名称をまとめたので紹介していきますね。
(画像タップで拡大できます)

ミュゼプラチナム

ミュゼのVIO脱毛範囲

合計7部位トライアングル上・下、へそ下
Vライン上、Vライン、Iライン、Oライン

プリート

プリートのVIO脱毛範囲

合計5部位VIOライン、へそ下(タテ5センチ)、アウトVライン(両足の付根)

ジェイエステ

ジェイエステのVIO脱毛範囲

合計5部位トライアングル上・下、Vライン、Iライン、Tバックゾーン(Oラインではなく、Tバックを履いたときにはみ出る毛)

TBCとエピレ

エピレのVIO脱毛範囲

合計5部位Vライン上部、VラインS両サイド、トライアングル、Iライン、Oライン

ディオーネ

ディオーネのVIO脱毛範囲

合計4部位Vライン上部、VラインS両サイド、Iライン、Oライン

 

広範囲のお手入れができるのは?

VIOとへそ下まで脱毛範囲があるのは、
ミュゼプラチナムとプリート
です。

 

くまなく脱毛したいなら、この2つのサロンを選ぶのがいいですね!

 

では次は、どちらを選んだ方が安上がりなのか?を詳しく見ていきましょう。
矢印

どっちの脱毛サロンを選ぶべき?料金や特典を比較しました

脱毛範囲が広いミュゼプラチナムとプリートはどちらの方がお得で通いやすいのか?

 

料金・特典・店舗数などを比較してみました。

 

ミュゼとプリート比較表(料金・特典など)

比較
項目
ミュゼ プリート
料金 1回9,000円
(4回36,000円)
1回9,000円
(3回27,000円)
特典 両ワキ+Vライン
何度でも脱毛可能
なし
痛み ほんのり温かい
(SSC脱毛)
輪ゴムでバチン
(IPL脱毛)
店舗数 175店舗
(全国展開)
6店舗
(関東のみ)
体験 全身から3か所
選んで580円
VIO脱毛
1回5,000円
公式
サイト
ミュゼ公式サイトへ プリート公式サイトへ

脱毛1回あたりの料金は同じですが、
特典がついているのはミュゼプラチナムです。

 

両ワキとVラインが何度も脱毛できる特典は、「Vラインの毛が濃くて少ない回数だと毛がなくなるのか不安…」と思っている人にも安心。

 

さらに店舗数も多く、全国どこでも脱毛を受けることができるので、就職や転勤で地元を離れることになっても問題ありません。

 

「どれぐらい痛いんだろう?」「どんな感じに脱毛するのかな?」を一度試してみたい人は
580円の体験コースを利用してみましょう。
矢印ミュゼのお試し脱毛

 

体験コースは安いけど勧誘とかないの?

勧誘ナシミュゼプラチナムは、テレビCMや雑誌で広告を載せていたり、全国的に有名な脱毛サロンです。
そのため利用者も多く、しつこい勧誘などをしてしまうと、すぐにSNSで情報が拡散され大打撃を受けてしまいます。

もともと知名度があるので、お試しコースだけを体験する人も多く、必ず契約に繋げないといけない!というようなノルマがないのでご安心を。

VIO脱毛に関するQ&A

Vラインの範囲は自分で決めることができないの?

サロンによって異なりますが、デザイン例を持ってきてくれて一緒に決めてくれるサロンがほとんどです。
事前にどんな形が人気なのか?を知っておきたい人はコチラ
⇒「人気のVラインの形TOP3」をチェックしてみて下さいね。

 

Iラインは全部脱毛するべき?

衛生面(生理中のムレやかゆみ)のことを考えると、ツルツルにするのが理想ですが、皮膚が弱い人はお肌に優しい脱毛サロンを選んでください。
このページでも紹介している「ミュゼ」を選んでおくと間違いないでしょう。