VIO脱毛 黒ずみ

MENU

黒ずみで悩んでいるならミュゼが特にオススメ!料金や特徴を比較

「VIOの黒ずみが濃いけど脱毛できるの?」と悩んでいる人は、SSC脱毛ハイパースキン脱毛のサロンがオススメです。

 

SSC脱毛ってどんな方法?

SSC脱毛抑毛ジェルを肌に浸透させてムダ毛の成長を止める脱毛方法

■取り扱いサロン

ミュゼ 脱毛ラボ コロリー

 

ハイパースキン脱毛ってどんな方法?

ハイパースキン脱毛特殊な光を当てて発芽因子(毛の元)を減少させる脱毛方法

■取り扱いサロン

ディオーネディオーネ

どちらも黒い色素に反応しない脱毛方法なので、黒ずみがあっても問題なく脱毛できます。

他の脱毛サロンはどうなの?

黒ずんでいても脱毛できる?ちなみに銀座カラーやキレイモなどの人気サロンはIPL脱毛と呼ばれる、黒い色素に反応する光を照射して、毛根を破壊する脱毛方法をしています。

 

黒ずみに反応して火傷を起こしたり、毛根にだけ届くはずの光が分散され、効果が薄れてしまう可能性があり、オススメできません。
上で紹介したサロンから選んでおく方が良いでしょう。

 

どのサロンを選べばいいのか?料金や特徴をまとめた表を作ったので、お得なサロンをチェックしてみて下さい!

黒ずんでいても脱毛OKのサロン料金比較
サロン 料金 特典
ミュゼ 4回36,000円
1回あたり
9,000円
何度でも通える
両わき+Vライン

オマケ付
脱毛ラボ 1回15,900円 特典なし
コロリー 1回28,500円
ディオーネ 6回72,000円
1回あたり
12,000円

上の比較表を見ても分かるかと思いますが、
1回の料金が安くて通い放題の特典も付いているミュゼが一番お得

 

しかも今ならたった580円でお試し脱毛ができるのも◎(全身から3ヶ所選択)
痛みの少ないSSC脱毛を、Vライン・腕・脚など好きなところに試せるのは嬉しいですね。

 

えっ?そんな安い脱毛って受けても大丈夫?と思うかもしれませんが、このお試し脱毛は
『とにかくSSC脱毛の良さを感じて欲しい!』というミュゼの思いそのもので、実際は赤字のキャンペーンだったり…。

 

ただ、体験を受けた人の大半がミュゼのクオリティに納得してコース契約をしているため、結果的にこのキャンペーンがミュゼにとっていい広告になっているんですね。

 

格安のお試しコースだからといって、
いい加減な施術は決してしないので安心してください。

さらにミュゼのオススメポイントを紹介!

保湿効果が抜群!

ミュゼでは脱毛後、プラセンタエキスを配合した独自開発のミルクローションで保湿をしてくれます。

 

ひじやひざの黒ずみなら日常的に保湿をすることも可能ですが、VIOラインは難しいですよね。

 

お肌に潤いを与えると、摩擦からも守ることができるので、黒ずみ改善や美肌効果が期待できます。

 

キャンセル料がかからない!

脱毛サロンはキャンセルの規定が厳しく、前日の営業時間内に連絡をしなければ罰金がかかる…なんてところがほとんどです。(脱毛ラボは2日前の営業時間内に連絡しないといけない!)

 

VIO脱毛は予定が入るだけでなく、急に生理がきた場合も予約変更しないといけないので、他の部位よりもキャンセルする可能性が高くなってしまいます。
なので、当日キャンセルしても料金がかからないミュゼは良心的でとてもオススメ。

 

予約が取りやすく通いやすさ◎

ミュゼは全国175もの店舗を持っているので「通いやすい!」と口コミでも人気があります。

 

その中でも脱毛人口が多く、予約が殺到する“東京”にはどれくらい店舗があるのか?
他のサロンと店舗数を比較してみました。

  • ミュゼ 34店舗
  • ディオーネ 25店舗
  • 脱毛ラボ 13店舗
  • コロリー 11店舗

やっぱりミュゼが一番多いですね。
通える範囲内に店舗がいくつあるのかを確認しておくと、予約の時に便利ですよ。

 

シェービング代金が無料!

脱毛サロンに行く前は施術部位の自己処理が必要になります。
VIOラインもできる範囲で処理しなくてはいけませんが、Oラインはとても難しいですよね。

 

しかもサロンのシェービングは追加料金が(1,000円〜3,000円)がかかるところもあり、お得に脱毛できるサロンを探しているなら毎回の出費は避けたいもの…。
ミュゼはシェービング代金がかからないので安心です。

【黒ずみ物知りコラム】
日本人は黒ずみが起こりやすい体質!

黒ずみやすい日本人お肌の中にはメラニンという色素があり、これが外部からの刺激により黒く変色することで“黒ずみ”として皮膚に現れてしまいます。

 

日本人はこのメラニンが多く、黒ずみを起こしやすいです。
普通ならお肌のターンオーバー機能(肌の生まれ変わり機能)によって、黒ずんだ古い角質が消えていくのですが日常的に摩擦が起こりやすい部分は、お肌の再生が追い付かず黒ずみが溜まりどんどん濃くなっていきます。

 

日本人のワキ、Vライン、Iラインが黒くなりやすいのは、コレが原因なんですね。
(みんな悩んでいる事なので、あまり気にしなくていいでしょう。)

 

完全な予防はできませんが、黒ずみを作らないように気を付けることはできます。

  • ワキ毛やアソコの毛をカミソリで剃らない
  • こまめな保湿でターンオーバーを促進する

カミソリやシェーバーでの処理は、知らない間に毛を引っ張ってしまい、お肌の大きな負担になっています。
間違った自己処理は黒ずみを蓄積させてしまうので気を付けたいですね。

 

一番理想的なのは「脱毛サロンでの施術」です。
黒ずみがあっても大丈夫なSSC脱毛なら、負担をかけずにVIO脱毛ができるので、これ以上黒ずみが悪化することもありません。

 

ミュゼは保湿もしっかりしてくれて、脱毛後のアフターケアもばっちりですよ。
黒ずみが気になるなら、自分で剃るのではなく、脱毛サロンに任せてみましょう!