VIO脱毛 生理

MENU

生理中のVIO脱毛はNG!施術が受けられない理由とは?

VIO脱毛をするときに避けて通れないのが、生理と施術日が重なってしまうという点です。
脱毛サロン・クリニック問わず、脱毛する場合は生理周期を把握して施術日をうまく調整しなければいけません。
「生理中でもVIO脱毛できるでしょ」と思う人もいるかもしれませんが、基本的に生理中のVIO脱毛はNGです。

 

まず、生理中のVIO脱毛がダメな理由として衛生面上の問題があります。
生理中は自分の意思とは関係なく経血が流れ出てくるので、施術時に着用するラップタオルや紙パンツ・ベッド・脱毛機などに経血が付着する可能性があります。
リネン類・紙パンツなどはほとんどが使い捨てなので心配ありませんが、Iラインを照射する際に脱毛機に経血が付く恐れが高いため、衛生面を考えて生理中のVIO脱毛はお断りしている脱毛サロンがほとんどです。

 

また、生理中はホルモンバランスが乱れてお肌が敏感になっているため肌荒れを起こしやすくなったり、痛みを感じやすくなるので、VIOライン以外の脱毛も控えるよう推奨しています。
VIOラインは他の部位より皮膚が薄く通常時でも痛みを感じやすいので、痛みに弱い人や敏感肌の人は生理日を避けて脱毛しましょう。

 

生理中だけでなく、生理日前・排卵日前後もホルモンバランスが乱れてお肌が敏感になりがちなので、痛みや肌荒れが心配という人は、ホルモンバランスが安定している生理後に脱毛するのが理想ですね。

施術前に生理がきた場合はどうすれば?脱毛サロンごとのキャンセル対応を比較

「施術日が明日なのに生理がきた!」となった場合、はやめに脱毛サロンへ連絡しましょう。
当日だとキャンセル料をとられたり、1回分消化になったりするので、生理がわかったらすぐにでも連絡するのが重要です。

 

また、「施術日が生理と重なりそう」と心配になった場合も同様に連絡を入れておきましょう。
スタッフさんも生理に理解があるのでキャンセルできますし、施術日の変更を受け付けてもらえるところもあります。
ただ、脱毛サロンによってキャンセルの対応は様々なので、「キャンセルはいつまで受け付けているの?」「キャンセル料はとられるの?」という不安を解消するために、当サイトのVIO脱毛おすすめランキングTOP5の脱毛サロンの対応を比較してみました。

 

キャンセル&キャンセル料の比較
脱毛サロン キャンセル
可否
キャンセル
料金
ミュゼ 当日でもOK いつでも無料
シースリー 当日でもOK 施術時間
までに要連絡
(超えると3000円)
脱毛ラボ 当日でもOK 1000円
(前々日まで無料)
ディオーネ 前日19時
まで可
前日19時
まで無料
(当日は1回分消化)
TBC 前日17時
まで可
3000円

当日のキャンセルが可能で、キャンセル料も無料の脱毛サロンはミュゼとシースリーでした。
ミュゼはネットから24時間いつでもキャンセル・施術日の変更が可能で、電話する手間がかからずキャンセル料も無料なので、忙しい社会人にも学生にも嬉しいサービスです。

 

生理不順などで生理周期がわからない人は、直前のキャンセルでもキャンセル料がかからない脱毛サロンを選んでおくと急に生理が来た時でも安心ですね。