ニードル脱毛

MENU

永久脱毛をするならニードル脱毛!でも痛みが…

痛いのはイヤ!

永久脱毛したいと思っている人なら一度は耳にした事のあるニードル脱毛。
別名、電気針脱毛とも呼ばれていて、その脱毛効果は絶大です。

 

一般的な光脱毛と同じく、脱毛サロンでも受ける事ができますが、今ニードル脱毛を取り扱っているサロンはかなり少ないです。
効果が出るのが早く、毛の再生率も低いという優れた点がある反面、施術には激痛が伴い、費用もかなり高いというデメリットがあるため、ニードル脱毛を受ける人が激減しているという事が原因です。

 

そんなニードル脱毛では、具体的にどのような方法で施術するのかというと、毛穴の一つ一つに針を刺し、そこに電流を流して毛細胞を死滅させるといった方法です。
一つ一つ丁寧に施術するので、取りこぼしがほぼ無いですが、時間がかかりすぎるという欠点も兼ね備えています。
針を刺して電気を流すという手法ですから、想像しただけでゾクっとしますよね…

 

実際にすごい痛みで、あまりに辛くて途中で投げ出してしまったという人も少なくはありません。
しかも毛穴全部にこれを繰り返すわけですから、施術中はこの激痛が延々と続くんですよね。
このようにデメリットが大きいニードル脱毛ですから、現在では痛みがほとんど無い光脱毛が主流となっています。
光脱毛の脱毛方法についても詳しく説明していますので、気になる人は併せて確認してみて下さい。

 

>>>光脱毛についての解説ページはコチラ

ニードル脱毛を有効活用する方法

ニードル脱毛ができる脱毛サロン自体が少なくなってきましたが、実はそんな不人気のニードル脱毛も使い方次第でかなり役立つ事があります。
その有効活用とは、他の脱毛方法と使い分けるという事です。
現在主流となっている光脱毛は主にムダ毛の黒い色素に反応させてダメージを与えるといった原理のため、黒色色素が薄い産毛にはほとんど効果が現れません。
そんな時にキラリと輝くのが、このニードル脱毛なんです。
ニードル脱毛は一つ一つの毛穴に直接針を差し込むので、産毛であろうが白髪であろうが毛穴さえあれば処理が可能です。

 

広範囲のムダ毛は光脱毛で処理をして、それでもしつこく残るムダ毛はニードル脱毛でピンポイントに除去するというのが賢い脱毛のテクニックですね。

 

そんな組み合わせ脱毛法を採用しているのがエステティックTBCです。
TBC脱毛方法

※画像はエステティックTBC「スーパーライト脱毛」より

 

TBCスーパー脱毛が「ニードル脱毛」でTBCライト脱毛が「光脱毛」で、ザックリ広範囲の光脱毛をしながら随時ムダ毛の量をチェックして、必要な部分だけニードル脱毛で確実に処理をするといった方法です。

 

それ以外には、形を整えたい部分の脱毛にもニードル脱毛は向いています。
女性なら気にしない人はいないであろうVIOラインの脱毛ですね。
全部脱毛して海外セレブのようにツルツルにするという人も居ますが、日本人は綺麗な形に整えた状態を維持したいといった人が多いようです。
ただ、VIOラインのニードル脱毛は尋常ではない程の痛みを伴うため、あまり痛くない光脱毛をメインにして微調整をニードル脱毛で処理する方が精神的にも肉体的にも金銭的にも良いでしょう。

 

VIOライン脱毛ランキング