VIO脱毛 痛み

MENU

VIO脱毛が痛いって本当?痛みを感じる原因は?

VIO脱毛のことを知ろうと思ってサイトや口コミを見ると必ず目に入るのが「VIO脱毛 痛い」という文字。
「激痛だから麻酔が必要!」「痛みに耐えられなかった」と記載しているサイトもあり、VIO脱毛をするのが怖くなってしまったという人もいるのではないでしょうか。
結論から言うと、痛みの度合いは光脱毛かレーザー脱毛かによって違うんです。

 

基本的に痛いと言われているのは光脱毛ではなく「レーザー脱毛」のほうで、笑気麻酔(ガス麻酔)や麻酔クリームを用意していると記載されているクリニックなどの公式サイトを見れば、医療レーザー脱毛がどれくらいの痛いのか、想像がつくと思います。

 

光脱毛もレーザー脱毛も、黒い色素(メラニン色素)に反応する光を当てて毛根を熱処理という脱毛の仕組みは変わらないのですが、光の出力レベルが違うため痛みの感じ方に違いが出てきます。
一般的に光脱毛は15J(ジュール)程度、レーザー脱毛は40J程度に設定されているのですが、ジュール数が上がるほどお肌にも熱が伝わりやすく痛みとなって感じるため、レーザー脱毛のほうが痛いという声が多いのです。
一方光脱毛は、脱毛効果が感じられる最低限の出力で脱毛しているので、熱さや痛みを感じることはほとんどありません。

 

また、脱毛機以外にも痛みの原因があります。まず、VIOラインは太くて濃い毛が密集して生えているという点。
光脱毛やレーザー脱毛の黒い色素に反応する光は、毛の色が濃いほど反応しやすく痛みも感じやすいという特徴があります。
さらに、VIOラインの皮膚は目元より薄く敏感なので、他の部位よりも痛みを感じやすくなっています。

 

これらの要素が合わさって、”VIO脱毛は痛い”というイメージがついてしまっているんですね。
しかし、VIO脱毛が痛いのはレーザー脱毛であって、脱毛サロンで採用されている「光脱毛」であれば痛くないVIO脱毛が可能です。
その中でもS.S.C.脱毛という光脱毛はお肌に優しく痛みなしでVIO脱毛できることで有名です。

VIO脱毛も痛くないS.S.C.脱毛って、どんな脱毛方法?

S.S.C.脱毛とは、Smooth Skin Control(スムース・スキン・コントロールメソッド)の略で、イタリアのDEKA社という企業が日本に向けて特別に開発した脱毛方法です。
S.S.C.脱毛は、制毛効果がある成分を含んだジェルを塗り、その上から光を当てることでジェル内の成分が毛穴に浸透し毛の成長を抑えていくという仕組みになっています。
通常の光脱毛(IPL脱毛)は毛根を直接破壊する行為ですが、S.S.C.脱毛は毛の成長を抑えていくのでお肌に優しく痛みのない脱毛が可能であり、痛みを感じやすいVIOラインの脱毛に適しています。

図解!SSC脱毛のメカニズム

SSC脱毛

ミュゼ公式サイト「ミュゼの脱毛方法」より

 

また、制毛効果のある成分”フィリニーブ”には植物由来の天然成分が含まれていて、肌を引き締めてキメを整える効果や保湿効果・角質の再生機能を正常化する働きもあり、VIOラインのシミ・黒ずみの改善・美肌効果にも期待できます。
VIOラインはデリケートな部分であり痛みも感じやすいので、安全でお肌へのダメージが少ない脱毛をするならS.S.C.脱毛が最も適切な脱毛方法であると言えます。

S.S.C.脱毛するならミュゼがオススメ!

S.S.C.脱毛を採用している脱毛サロンはミュゼと脱毛ラボ!
しかし、脱毛ラボはVIO脱毛プランがないため、今回はミュゼを例にVIO脱毛プランの詳細をご紹介します。

ミュゼのVIO脱毛コースの範囲

ハイジニーナ7コース

プラン名 ハイジニーナ7
美容脱毛コース
料金
(まとめて割)
6回 36,000円
4回 24,000円
1回 12,000円
脱毛部位 Vライン/トライアングル上/トライアングル下/Iライン/ヒップ奥/へそ下/Vライン上
計7ヶ所

※料金は税抜表示です。
ミュゼのVIO脱毛プランは、他の脱毛サロンに比べて脱毛部位が多いのが魅力です♪
へそ下やVライン上まで脱毛してくれるところはほとんどないので、広範囲を脱毛したい人や離れ毛があって脱毛部位に入るか心配という人はミュゼがおすすめ!

 

また、Vラインの形を整えたい・境目が不自然にならないようにしたいという様々な要望にも応えてくれるので失敗するリスクもありません。
顧客満足度No.1のミュゼは接客も技術も高品質で丁寧なので、脱毛が初めてという人にも通いやすい脱毛サロンです。
ミュゼでは50円でできる格安ワキ脱毛お試しコースも用意されているので、VIO脱毛コース契約の前に痛くないミュゼのSSC脱毛を実際に体験してみると安心ですね。
>> ミュゼの痛くないSSC脱毛